NPO法人リトンターン・プロジェクト「コアジサシ報告会」
パネルディスカッション・コーディネーター
(2016年12月)

リトルターン・プロジェクト主催のパネルディスカッションのコーディネーターを担当。6名のパネラーと共に、絶滅危惧種コアジサシを通して見えてくる地球環境問題について議論を深めた。

清泉女子大学 文学部 地球市民学科
特別講師
(2016年11月)

アースデイに関する講義を実施した。

Apple Store Ginza “EarthDay"イベント
コーディネーター
(2016年4月)

月を通して「地球のこと」を考えるトークショーを実施。JAXA宇宙航空研究開発機構の協力を得たプログラムで開催した。
イベントの様子はこちらから

武蔵野大学 環境学部
特別講師
(2015年12月)

アースデイに関する講義を実施。武蔵野大学「じゅんぐり祭り」のMCとしても参加。

アースデイ東京2015
勉強会・トークステージ コーディネーター
(2015年1月〜4月)

アースデイ東京の理事に就任。アースデイ東京の先立って開催された「アースデイ勉強会」をはじめ、アースデイ東京会場内に設置されたトークステージで、2日間で計17のプログラム(内、7つのアースデイ大学特別公開講座)を実施した。
イベントの様子はこちらから

大正大学 人間学部 人間環境学科
特別講師
(2015年12月)

アースデイに関する講義を実施した。

清泉女子大学 文学部 地球市民学科
特別講師
(2015年11月)

アースデイに関する講義を実施した。

アースデイ東京2014
トークステージ・コーディネーター
(2014年4月)

アースデイ東京会場内に設置されたトークステージで、2日間で計17のプログラムを開催。

清泉女子大学 文学部 地球市民学科
特別講師
(2014年11月)

アースデイに関する講義を実施した。

清泉女子大学 文学部 地球市民学科
特別講師
(2013年5月)

アースデイに関する講義を実施した。

【番外篇】渡り鳥 意識調査@NHK ECOパーク2013

渡り鳥をもっと知ろう! "渡り鳥総選挙" 結果発表!

渡り鳥にもっと関心をもって欲しい!との想いで、今年からスタートした『渡り鳥総選挙』。BLUE BIRDが出展した2つのイベント「アースデイ東京2013」「ECOパーク2013」で投票を受付ました。投票結果は下記の通りです。今後、この投票結果を踏まえ、BLUE BIRDは渡り鳥応援活動を展開していきます。

<第1回 渡り鳥総選挙> @アースデイ東京2013(4月20日〜21日)
 1位 キビタキ   143票
 2位 ヤツガシラ  129票
 3位 ハチクマ   127票
 4位 コアジサシ   97票
 5位 メダイチドリ  92票
 6位 オオハクチョウ 84票
(総投票数)672票
(寸評)序盤、猛禽「ハチクマ」が、その勇姿に男性票を集めてリード。後半、可愛い黄色いルックス「キビタキ」が女性票を伸ばす。福島の県鳥であることも一因か。

<第2回 渡り鳥総選挙> @ECOパーク2013(6月1日〜2日)
 1位 オオルリ   67票
 2位 ハチクマ   44票
 3位 ツバメ    40票
 4位 キビタキ   37票
 5位 メダイチドリ 22票
 6位 コアジサシ  21票
(総投票数)231票
(寸評)序盤から、前回TOP「キビタキ」、前回から男性票を集める「ハチクマ」、NEW FACE「オオルリ」の三つ巴状態。後半、今回は女性票が、キビタキ(黄)ではなくオオルリ(青)に集中。馴染みのある「ツバメ」も票を伸ばした。


※オオルリ(写真左) キビタキ(写真右)